〒486-0857
春日井市浅山町一丁目2番61号
(春日井市総合福祉センター内)
TEL 0568-85-4321(代表) FAX 0568-86-3156


メニュー
社協ブログ

のど自慢大会で熱唱!

福祉の里

 皆さん、こんにちは。

 今シーズンの冬は、暖冬といわれていますが、やはりそのとおりなのでしょうか。このシーズンになると福祉の里の周辺でも、水たまりに氷がはっていることもしばしばあるのですが、この冬は見かけません。
 暖冬とはいえ、風邪をひかないように気を付けてくださいね。
 そして、氷がはらないのは、この熱気が原因かもしれません。
 皆さんが熱唱してくださいました「社会福祉法人設立40周年記念事業カラオケのど自慢大会」です。
 令和2年1月18日(土)に開催されたこのカラオケのど自慢大会は、春日井市社会福祉協議会の社会福祉法人設立40周年を記念して行われ、のどに自慢ありの15人の方が出場しました。
 会場となった福祉の里のアトリウムは、開演前から観覧や応援の人でいっぱいとなりました。

nodojiman_001.JPG

 まず、一人目は、18歳未満の部の葛西泉水さんです。ドキドキして歌えるか心配してみていましたが、そんな心配はいりませんでした。とてもきれいな歌声で、aikoの『カブトムシ』を歌ってくださいました。

nodojiman_002.jpg nodojiman_003.jpg

 次に、60歳以上の部の米永裕之さんが、H₂Oの『想い出がいっぱい』、日髙正憲さんが、大川栄策の『能登の恋歌』を歌いました。こののど自慢大会の審査員は、使用したカラオケ機器の採点機能なのですが、皆さんの歌がとても上手なので高得点の連発でした。

nodojiman_004.jpg nodojiman_005.jpg

nodojiman_006.jpg nodojiman_007.jpg

 続いて、18歳以上60歳未満の部の金井仁志さんが、CHEMISTRYの『Period』、金井賀津美さんが、小泉今日子の『学園天国』、柴田怜奈さんが、島谷ひとみの『亜麻色の髪の乙女』、梶田かなえさんが、スターダスト・レビューの『木蘭の涙』を歌いました。年代別に出場者を募集したので、歌っていただける曲の種類もさまざまで、歌を聴いている観客の皆さんもとても楽しんでいました。

nodojiman_008.jpg nodojiman_009.jpg

nodojiman_010.jpg nodojiman_011.jpg

nodojiman_012.jpg

 続いて、粕谷夢積さんが、スピッツの『優しいあの子』、岡田安夫さんが、中村美津子の『瞼の母』、梶田浬丘さんが、秦基博の『ひまわりの約束』、山本千聖さんが、手嶌葵の『明日への手紙』、野々山直毅さんが、平和勝次とダークホースの『宗右衛門町ブルース』を歌いました。ご家族で出場してくださった方に尋ねると、いつもご家庭では、みんなで歌を歌っているそうです。

nodojiman_013.jpg nodojiman_014.jpg

nodojiman_015.jpg

 いよいよ残すところ、各年代一人ずつとなりました。
 粕谷日彩さんが、MISIAの『アイノカタチ』、浅川和善さんが、森進一の『それは恋』、粕谷尚弘さんが、米津玄師の『Lemon』を歌いました。会場の皆さんは、一緒に口ずさんだり、手拍子をしたり、15人の歌声を楽しみました。
 そして、最後は、年代ごとに表彰です。
 準優勝は、梶田浬丘さん、柴田怜奈さん、浅川和善さん、優勝は、葛西泉水さん、梶田かなえさん、米永裕之さんでした。
 総合優勝は、優勝者の中から、梶田かなえさんが選ばれました。

nodojiman_016.JPG

 出場してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、会場の皆さん、ありがとうございます。
 とても楽しいカラオケのど自慢大会になりました。
 感謝いたします。


カテゴリー:イベント・講座
このページの先頭に戻る